home

日本国内の生命保険業界は閉鎖的で構造的問題を抱えていると諸外国から指摘されており、開放が求められています。
閉鎖的であると指摘を受けている点はいくつかあります。
まず、生命保険の販売方法です。
日本の生命保険会社は自社専属の保険外交員を抱えており、保険外交員が複数の保険会社の商品を販売する事がないという点です。
結果的に販売コストが高額になってしまい、他社生命保険との比較が難しいという現状があります。
ライフネット生命はインターネットホームページサイトでの保険販売を主力としており、自社専属の保険外交員を抱えていないという点で、閉鎖的ではない世界標準レベルの保険会社です。
他社生命保険との比較についても、インターネットホームページサイトに保険料金の一覧表や保障内容が明記されており、契約に当たって他社生命保険との比較が容易であるという特徴があります。
保険約款についてもホームページサイトから閲覧できますから、契約前に諸条件を確認できるのです。