home

今の時代はデジタルカメラが主流になり、機能もどんどん充実してきていきます。そんな時代においてクラシックカメラは需要があるのでしょうか。実は古い写真機も売れます。家に古い写真機が眠っている人もいますが、そのまま放置しておくよりもお金に変える事ができます。

古いのにどうして売れるのでしょうか。通常であれば新しくて利便性のある物の方が売れる事は多いですが、写真機においては少し事情が違ってきます。カメラを使う人の中には使えたらそれでいい、という人もいればヘビーユーザーのようにおたくのような人もいます。ですから、ある一定の層には古い写真機でも需要はあるのです。また古い写真機をコレクションしている人もいます。今の時代の主流であるデジカメラよりも、クラシックなデザインの写真機に魅せられている人達もいます。

では、どこで売ればいいのでしょうか。写真機を買い取るお店はたくさんありますが、クラシックな写真機になると買取不可になる所が少なくありません。普通のお店では難しいです。ですから古い写真機を専門に扱うお店を探すようにします。逆に総合リサイクルショップなどで仮に売れたとしても、安い値段で買い叩かれる事があるので注意しましょう。あるいは価値のない写真機として扱われる事もあります。クラシックカメラを買取してもらう時は古い写真機を専門に扱うお店を探しましょう。