home

近年は、BYODの利用が増えていますね。
BYODというのは、「Bring Your Own Device」の省略系です。
自分のケータイ端末などから、会社の情報システムへアクセスすることです。
BYODはいつでもアクセスが可能なので非常に便利なのですが、セキュリティーに関しては不安点が大きいのも事実です。
なぜなら、万が一私物のケータイ電話をなくしてしまったら、そこから情報が洩れてしまう恐れがあるからです。
そのようなトラブルを避けるために、ぜひとも導入しておきたいのが、「i-FILTER ブラウザー・クラウド」です。
このシステムは、端末にデータを保存させない設定が可能なため、情報漏洩のリスクは最小限に抑えることが可能になります。
ちなみに、i-FILTER ブラウザー・クラウドを提供しているのは、デジタルアーツ株式会社です。
興味を持ったかたは、デジタルアーツ株式会社のホームページで詳細を確認してみてください。