home

不動産関係といえば、インターネットで物件を見るのが主流でした。
その前は、雑誌や新聞といった媒体が物件探しのために活用されていました。
しかし、タブレット端末が登場してからはアプリまでその幅が広がったのです。
アプリの特徴は、自分が欲しいものをダウンロードすることができることです。
また、不動産関係のアプリは楽しい動作をするものが多く、遊び感覚で物件を見ることができます。
ワンタッチですばやく起動するのも利点の一つといえるでしょう。
わたしも不動産関係のシステム開発をしていた時に、社長にiOSのアプリ開発を任せられたことがあります。
その時は、アプリ開発は未経験でしたが調べながら勧めました。
初心者でも馴染みやすいようなプログラミング言語あったので、それを使用することにしました。
先輩社員と仕様書をまとめて、本社の人にデザインをしてもらいました。
欲しい動作をまとめあげて、それを実装していくという形でした。
最初に2ヶ月でプロトタイプを作成して、それを各会社に売り込みました。
テストやリリースまでの手順はiOSは簡単にできるという特徴があります。
特にテストの時はパソコンでも動作が速いので、すぐに動作確認をすることができます。
iOSのアプリ開発ならアプリ専門会社│サービス紹介