home

建物は戸建ても含めてマンション、小さい建物、中位の建物、大きい建物全てで、建てた後の維持管理が必要です。
この世の中に、建てたきりでメンテのいらない建物と言うのは存在しません。
清掃はむろん、設備の更新、警備員の配置等がそこそこの建物になると必要になってきます。
場合によっては、入っているテナントの対応も必要になる場合があります。
小ぶりの物件の場合、ビルメンテナンスの中に含まれる場合がありますが、ある程度以上になると建物管理、つまりFMの範疇から、ビル運用、PMの範疇に入ってきます。
これはこれで、収支バランス、テナント募集、対応の高度なノウハウが必要になりますので、FMとは切り離して行われます。
ビル管理として最も目立つのが、設備、警備、清掃の3本と言うことになります。
従事する人間はそれぞれタイプがことなり 設備は機械、電気に詳しい人間が好ましいです。
警備に関しては、屈強な体と守ると言うことの意識の強い人間が求められます。
そして清掃に関しては、訪問者、利用者の視点で、清潔な環境を維持しようとする人が求められます。
建物メンテナンスの会社を選ぶときは、そのあたりをきちんと押さえている会社を選ぶとはずれは無いと思われます。
約束したことをきちんとしてくれる会社が、いい会社なので、コストだけで 飛びつくのは、はずれをつかむことがありますから注意しましょう。