home

日本では晩婚化が進んでいますが、晩婚化の問題としては不妊になりやすいということもあげられます。
今は30代、40代で出産をする人も増えていますが、やはり若い世代に比べ妊娠の確率は減ってしまうこととなり、不妊治療に励まれている人も少なくありません。
そして、若い世代でもやはり不妊に悩む人もあるものです。
妊娠が難しくなる原因のひとつが、女性の側の健康上の問題です。
何らかの疾患で健康な卵子が得られない場合は、いくら努力していても、妊娠を得ることは難しくなってしまいます。
そして、同じ女性として、不妊治療に関心をお持ちの方、何らかの形で貢献したいと考える人もあるのではないでしょうか。
不妊治療に貢献できる方法として、卵子ドナー、エッグドナーがあげられます。
これは妊娠を希望している人に自らの卵子を提供するものです。
妊娠しなくてはいけないのかという心配もありますが、代理母とは違い、妊娠する必要はなく、妊娠するのは卵子を希望している人となります。
卵子ドナーになるには、やはり健康な体であることが条件です。
タバコを吸う、精神安定剤を利用しているなどの場合はドナーになることはできませんので、まずは条件をよく確認しておきましょう。http://egg-d-c.com/intro/