home

ビットコインとはインターネットの世界で商品やサービスを購入した際に使うことができる仮想の通貨のことです。
決算の手段としてはクレジットカードや電子マネーなどがありますが、こういったものと違って手数料がほとんどかからないというのが大きな特徴となっています。
ビットコインは2009年にサトシ・ナカモト名義で公開されたP2Pを利用した決算方法についての論文によって知られるようになりましたが、現実世界で使われる通貨とは様々な違いがあります。
まず、リアル通貨は国家による信用が価値の裏付けとなっているわけですが、この仮想通貨には国家の裏付けのようなものはありません。
それどころか管理をする機関や組織、企業なども一切なく、すべては利用者たちに委ねられています。
このように書くと偽造し放題なのではないかと疑問に感じる人もいるかもしれませんが、ビットコインの信用はブロックチェーンと呼ばれる利用履歴によって維持されています。
コインを利用した取引のすべての情報はブロックチェーンに保管されていて、その内容がブロックチェーンと整合性を持つことではじめて取り引きが成立する仕組みとなっています。
しかも、P2Pによってブロックチェーンは不特定多数のパソコンの中に格納されているため、仮に1つのブロックチェーンを偽造できたとしても、他のブロックチェーンと一致していなければ取引ができない仕組みとなっています。