home

水素水には副作用がないことで有名ですが、中には飲み始めてから体がかゆくなったり、吹き出物が多くなったから自分の体には合わないとやめてしまう人がいます。
それらの症状は副作用ではなく、身体に水素水がきっちりと行き届いている証拠なんです。
一般的には約1週間から2週間で消えると言われており、活性酸素が老廃物となって体の外に追い出されているから起こる症状だと言われています。
飲み続けていくうちに症状はおさまるようですが、かゆみから肌を無意識に引っ掻いてしまったり、吹き出物が多くなると困る職業についている人は、一日に飲む水素水の量を調節していくといいそうです。
実は副作用として勘違いされやすいお腹のゆるみの原因のひとつも、普段水を飲まない人がいきなり水分を大量にとる事で身体がびっくりしたためだと言われています。
なので一気に飲む量を増やすのではなく、少しずつ増やしていくほうが、体にとっては優しい飲み方なのです。